映画コードブルー

映画コードブルーの結末ネタバレと感想!あらすじと見どころも解説!

7月27日に公開され大ヒットの映画コードブルー!

映画コードブルーの結末やネタバレを知りたい人も多いのではないでしょうか♪

 

「映画コードブルーを見たいけど見にいけない・・・」

「さっと映画コードブルーのネタバレと結末だけ知りたい!」

「映画コードブルーの結末がどうなったか早く知りたい!」

 

というあなたのために、映画コードブルーの結末ネタバレと感想をご案内します!

映画コードブルーの中でここは必見!という見どころも解説♪

 

このネタバレ感想を読んだら、気になる映画コードブルーの結末が丸わかりですよ!

 

⚠︎コードブルーファンに緊急告知⚠︎

 

ただいま「FODプレミアム」で映画コードブルー公開特別キャンペーン中!

ドラマコードブルー全シーズン+特別スピンオフ「もう一つの日常」が無料配信されています!

 

無料配信は8月31日までの期間限定なのでお見逃しなく!

 

↓詳しくはFODプレミアム公式サイトでチェック!↓

FODプレミアム公式サイト

 

映画コードブルーあらすじと予告動画解説

ネタバレ感想や結末を見る前に、映画コードブルーのあらすじと映画予告動画をチェック!

劇場版とだけあって、映画コードブルーはかなりダイナミックな映像になっています。

ぜひ映画館で見て欲しい作品です♪

 

映画コードブルーのあらすじ

映画コードブルーの舞台は地下鉄トンネル崩落事故から3ヶ月後です。

 

シーズン3のラストでトレントへ行くことが決まった藍沢、周産期母子医療センターの医局長になることが決まっている緋山。

結婚式をあげることになった冴島と藤川。

 

フェロー時代から共に歩み続けた5人が、新たな道へと歩みだそうとしています。

そんな中起こる「成田空港」と「海ほたる」2つの大事故!

 

成田空港での飛行機事故では、結婚を目前にスキルス胃癌が発覚し、数週間の命の中最後の旅行に行こうとしたところで事故にあった女性、富澤未知が救助されます。

 

海ほたるの事故では災害の際に、前の車の荷物が崩れ車内で数メートルもの鉄パイプが刺さった父親、救助されるも脳死が判定された14歳の男の子が!

ドクターヘリで駆けつけた藍沢にも危険が迫ります。

 

フェローの名取、灰谷、横峯、新人ナースの幸村もそれぞれの岐路に立たされます。

患者との向き合い方、目指す師との別れ、家族との関わり方を通し、かつての藍沢たちと同様成長する4人。

 

それぞれの事故や病との向き合い方、描かれる人間関係、人それぞれの愛し方、別れと決断。

かつてのフェローとして成長した5人と、新しい後継者となるフェローたち。

 

映画コードブルーでは各シーズンの主題である、出会い、自立、継承の集大成が描かれます。

 

映画コードブルー3つの予告動画の解説

映画コードブルーの3つの映画予告動画をチェック!

ネタバレになりますが映画コードブルーの映画予告でも、より注目シーンの解説もつけていきます!

 

映画コードブルー予告動画(1分30秒)

とりあえず映画コードブルーの概要を押さえておきたいならこれ!

 

海ほたるで脳死した14歳の男の子、ステルス胃癌の女性の未知、パイプに貫かれた男性、新人ナースの幸村の母親との確執。

映画コードブルーでの見どころが濃縮!

映画コードブルーの本題である、別れを目前にどのようにそれぞれの問題に立ち向かうのか。

 

映画コードブルーの見所がギュッと詰まっています。

映画コードブルーを見た後に見ても、もう一度見たい!と思ってしまいます♪

 

映画コードブルー「5人旅立ち編」(17秒)

「大切な人間に大切だと言えることが、いかに尊いことなのか」

映画コードブルーのエピソードでも5人の別れがメインのシーンが中心になっています。

 

途中のヘリコプターを前に5人でいるのが、映画コードブルーのネタバレになりますが5人が揃うラストのシーン。

映画コードブルー本編を見てからだとより感慨深いものがありますね。

 

映画コードブルー「感動編」(17秒)

「あなたなら、大切な人に何を伝えますか?」

映画コードブルーでなんども繰り返されるメッセージの1つです。

 

新人ナースの幸村がアルコール中毒の母親に伝えられなかったこと。

幸村の母親が、自分を疎ましく思う娘へ思っていても伝えられなかったこと。

 

結婚直前に自分のスキルス胃癌が発覚し、婚約解消になった彼へ伝えられなかったこと。

恋人が死にゆく病であることを受け止めることができず、伝えられなかったこと。

 

映画コードブルーの「泣いてしまう」シーンがギュッと濃縮された映画予告です。

私はこの映画コードブルーの映画予告動画を見るだけでもはや泣けます・・・涙

 

 

映画コードブルーの事故結末と感想

映画コードブルーには次から次へとエピソードが!

正直な感想としては映画館では息つく暇がないくらいです。

映画だからってちょっと詰め込みすぎかなとも思いました笑

 

そんな映画コードブルーの見どころエピソードの結末と感想をまとめました。

映画コードブルーのネタバレ感想も含まれますので、ネタバレはいや!コードブルーはやっぱ映画館で!という人は注意してくださいね!

 

成田空港の飛行機事故〜ステルス胃癌の女性の結婚式

映画コードブルーの映画予告でもよく使われているシーン。

成田空港で事故が発生!

 

映画コードブルーでは、成田空港と海ほたるがロケに使われたと話題になってましたね。

 

たまたま居合わせた、トロント帰りの藍沢により救出された女性が「富澤未知」です。

今回の映画コードブルーにはたくさんのエピソードがありますが、このお話が一番心に残りました。

 

自分の命に絶望する未知

未知は結婚直前のブライダルチェックで、ステルス胃癌が発覚

ステージ4で治る見込みはなく、余命宣告をされたことで婚約を破棄し、最期の旅行に旅たつところで事故にあったのでした。

 

怪我は肋骨骨折で「完治には約8週近くかかる重症」と説明を受けた未知が言ったのは「安心して、医療報酬が少なくなる頃には死んでるから。」

 

長期の入院になると病院側の報酬が少なくなるのですが、その前に自分は癌で死んでる、という皮肉ですね。

 

両親が骨折の治療の説明について呼ばれ、そこで婚約者であった岩田彰生の存在が明らかになります。

 

婚約者との関係

一旦岩田彰生との婚約を破棄した未知ですが、病院からの知らせを受けた岩田から再度プロポーズを受けます。

 

一度逃げたくせに。死んでいく自分に悲しみで縛られて欲しくない。

複雑な思いを抱える未知に、緋山が過去に恋人を亡くし、それでも立ち直った女性、冴島のエピソードを語ります。

 

そのエピソードを聞いた未知はプロポーズを受けることを決意します。

 

感想と考察

ここは本当に、未知は強い女性だなと感想を持ちました。

自分だったら死んでいく自分を忘れられたくない、病気で余命宣告をされていたら置いていかれる相手の気持ちまで考えられないかもしれません。

 

映画コードブルーだけではなく、コードブルーに出てくる患者さんは、強い気持ちを持った人が多いですね。

命という大きいものを見つめた時に、人は大きく成長するんだろうなと思いました

 

死の直前の挙式へ

プロポーズを受けた未知は、会場が押さえられた1ヶ月後に岩田を挙式をすることに。

ドレスを楽しそうに選ぶ中、腫瘍が原因で吐血をする未知。

 

見立てでは「1ヶ月」は厳しい。

そこで藤川たちがあげるはずだった挙式会場を、未知たちに譲ることにします。

 

ここの未知の容体を3人が語るシーンが映画コードブルーの映画予告で使われたシーンです。

 

感想と考察

映画コードブルーでみんなが気になっていたであろう、藤川と冴島の結婚式がまさかここで!

あんなに楽しみにしていた結婚式を譲る藤川がすごい。

でも未知の最期の願いを叶えてあげたいのもそうですが、そんな状態で結婚式をあげても冴島が喜ばないとも気がついていたんだともいます。

 

お互いの思いを伝えることができた

挙式の直前、控え室で2人の未知と岩田。

そこで未知は自分の本心を伝えます。

 

ここも映画コードブルーの映画予告で使われたシーンですね。

 

「ありがとう。会いに来てくれて」

「好きって言ってくれるあなたがいて私はしあわせ」

 

それに対し岩田の答えは「俺は好きと言いたくなる君がいてもっと・・・しあわせだよ」

本心を聞き、お互い涙する2人。

 

感想と考察

想いあえる人と巡り会える確率ってほんとうに低いのではないでしょうか。

しあわせだという未知は死が確実に迫っているけど、ほんとうに幸せそうに微笑むのでした。

 

2人の結末

画面が急転、病院へ。

救急車で患者が運び込まれるのを迎えた冴島たちが見たものは、ドレス姿で吐血をした未知でした。

 

処置のために切り刻まれる、幸せの象徴だったはずのウエディングドレス。

藤川は「どうしてこんな時に・・・」とやりきれない表情で呟きます。

 

かすかに意識のある状態で未知は処置をする冴島の手を握り、「みんなの前で誓うって悪くない。あなたもちゃんと結婚式をあげてね」と伝えます。

その左手には結婚指輪がありました。

 

その後未知の安否は語られませんが、ラストシーン藤川と冴島の挙式に参列する岩田の指には、未知と岩田の2つの指輪がはめられていました。

 

感想と考察

コードブルーの映画内では描かれていませんが、未知のセリフと指輪から、結婚式自体は挙げられたのだと思います。

 

映画コードブルーのラストの結末のシーンで岩田が未知の分の指輪をしていることから、おそらく未知を見送ったのでしょうね・・・。

 

でも藤川と冴島を祝う岩田の表情は穏やかで、未知の死をきちんと受け止められていることが伺えました。

 

海ほたるの事故〜鉄パイプに貫かれた男性

こちらも映画コードブルーの映画予告などで使われているシーン。

コードブルーの映画はCMがたくさん打たれていたので、目にした人も多そうです。

 

濃霧により、フェリーが海ほたるに衝突。

数々の死傷者をだす大惨事となりました。

 

その中でも危険な状態だったのが、車に乗ったまま鉄パイプに貫かれた男性でした。

 

映画コードブルーの中でもなかなか衝撃的なエピソード!

映画コードブルーの映画予告でもよく出ていたので、結末やネタバレが気になっている人も多いのでは。

いたそうで実際映画画面に出てきた時は目を背けてしまいました・・・。

 

数メートルもの鉄パイプに貫かれる

ドクターヘリで駆けつけた藍沢たちが真っ先に「優先度高」として案内されて目にしたもの。

それがフェリーが海ほたるに衝突した衝撃で、前のトラックの積荷であった「鉄パイプ」に貫かれた男性でした。

映画コードブルーの予告で有名なシーンはここですね。

 

数メートルに及ぶ鉄パイプは男性の体を貫通。

救い出すには止血を施し鉄パイプを切断するしかありません。

 

処置を行う藍沢たちと消防ですが、激突の衝撃でガソリンがもれ、鉄パイプを切断するときの火花で火災が起こる危険な状態。

火災を起こさないよう鉄パイプを切断するには途方もない時間がかかり、男性の命が刻一刻と削られていきます。

 

感想と考察

パイプが体を貫くというインパクトで映画館で見る時はほんと注意です・・・。

そんな中的確な処置をしていく藍沢たちがかっこいい!

 

男性の息子の決断

そこで藍沢は、男性の腹をきり、鉄パイプを体から外すことを決断します。

しかし内臓を切り、過去に経験もしたことのない危険な処置。

 

家族の同意が必要となり、車に同情してた男性の息子の剛志処置の同意が得られるか、男性の病歴がわかるかを尋ねます。

剛志の返答は・・・。

 

「俺はそいつに、一人で惨めにしねと言った直後に事故にあった」

「そいつ(父親)には10年以上あっていない、病歴どころかどんな生活をしているかも知らない。」

 

虐待を受けていた息子・剛志

なんと剛志は男性に虐待を受け、「このままだと殺される」と11歳の時に自分で児童福祉施設に逃げていたのです。

 

そう苦しそうに告げる剛志に、藍沢は一言、「よく逃げた」と語りかけます。

「11歳なら、家から出たら自分以外に頼れるものがいなくなることは十分に理解できているはず。」

「その状態で、不安に勝ち自分のいのちを守るために生きようと逃げたことは素晴らしい。」

 

こんな時にも剛志の話を冷静に聞いて、気持ちをわかってくれる藍沢が本当にスゴイ

 

そんな過去があり、10年振りにあった父親につい言ってしまった「一人で惨めにしね」という言葉。

でも剛志が本当に伝えたかった言葉はそんなものではなかったのです。

 

本当に伝えたかった言葉の結末

「俺は一人で自立して、仕事をして、家族を養って、子供だって2人いる!」

「お前なんかに人生を壊されなかった!!!」

「そう伝えたい・・・だから助けてください」

 

ボンネットを叩きながらそう叫ぶ剛志。

その心からを叫びを聞き、藍沢は腹部の切断に取り掛かります。

 

 

なんとか鉄パイプから体を出すことを成功し、ストレッチャーで運ばれる男性。

そこには悩みながらも、ストレッチャーに手を添える剛志の姿がありました。

 

感想と考察

剛志の演技が本当に迫真・・・!

鉄パイプのインパクトもそうですが、演技に勢いがあってグングン入り込みます。

映画コードブルーの予告で使われたシーンです。

親と子どもの関係は複雑ですよね。

映画コードブルーならでは、切ってもきれない、複雑な心境が描かれていました。

 

海ほたるの事故〜脳死の少年の臓器提供カード

映画コードブルーの舞台、海ほたるの事故の時に灰谷が発見したのは、うつ伏せに海に浮かぶ少年でした。

 

脳死判定の少年

灰谷が中国人観光客に導かれ目撃したのは、うつ伏せに海に浮かぶ少年。

救出時にはすでに自発呼吸はなく、その後「脳死」と診断されました。

 

駆けつけた少年の両親に、少年の衣類を渡す灰谷。

その中の「臓器提供カード」に、少年が「脳死の時は臓器を提供する」とサインをしている、と伝えます。

 

しかし臓器提供カードが法的に効力を持つのは15歳以上から。

少年は14歳だったので法的な効力はなく、判断は両親に委ねられる形になります。

 

感想と考察

脳「死」と言っても、心臓は動き体温は暖かく。

もし自分の家族が、しかも子供が脳死になったとして・・・。

その体を切り刻む決断を自分はできないであろうな・・・、と思いました。

 

臓器の提供

灰谷は悩み苦しむ両親をみて、橘に医師としてどうしたらいいのか、と相談します。

橘答えは「何もしない。」

 

ただ、息子を発見し助けようと尽力をした信頼のおける医師である灰谷に、そばにいてほしいはず、と答えます。

その言葉を胸に少年の両親の元へ向かう灰谷。

 

なんと両親は、臓器提供同意書にサインをしているところでした。

 

心の整理はつけれていないが、どうしたらいいかわからない。

でも息子の最後の望みだから、親として叶えたい・・・。

 

そんな一心で、少年の両親は同意書に署名をしたのです。

 

感想と考察

突然愛する息子を失い、体温を感じるのに臓器を摘出・・・。

両親に取っては辛い選択ですし、フェローである灰谷に取っても難しい問題です。

 

苦しむ両親を救った結末

臓器の摘出終了後。

涙ながらに、「頑張ったね・・・。」と少年を撫でる両親。

 

そこに橘が息子の優輔を連れて現れます。

シーズン3で心臓移植を受けた優輔。

 

「優輔の心臓も、彼自身のものではないんです。」

橘は移植を受けた優輔の心臓の鼓動を、聴診器で少年の両親に聞かせます。

 

音を聞いた少年の両親は、力強く鼓動する心音を聞いてやっと心の整理がついたのでした。

 

感想と考察

コードブルーの映画内では心音はなかったのですが、まるで力強く鼓動する音がきこえるようでした。

死んだ息子が別のひとの体で生き続ける・・・。

そう思うことで心の整理がついたのかなと感じた結末でした。

 

看護師雪村の母

新人看護師である雪村。

なんと今回の映画コードブルーでは幸村の母が登場します。

 

頭に包丁が刺さった状態の雪村の母

登場時は目を背けたくなるくらいのインパクト・・・。

映画コードブルーでは鉄パイプよりインパクトありました。

(鉄パイプは映画コードブルーの予告でみていたので心の準備ができていたのかも)

 

翔陽大学附属北部病院救命救急センターに、すごい勢いで車が飛び込んできます。

 

慌てて駆け寄る白石と雪村が見たのは、頭に包丁が刺さったままで陽気に笑う幸村の母の姿でした。

実は雪村の母は「アルコール依存症」

 

お酒を飲んだ状態で台所で転び、持っていた包丁が頭に刺さってしまい、雪村の姉が翔陽大学附属北部病院救命救急センターに連れてきたのでした。

「こんな危険な状態でなぜ救急車を呼ばないの?」と責める雪村に、「こんなの珍しくない。私だって1人になりたい」と吐き捨てる姉。

 

雪村が翔陽大学附属北部病院救命救急センターに勤めているから、連れてきたのでした。

アルコール依存症の母から逃げるように家をでた雪村。

姉にそんな母を押し付ける形になってしまっていたのです。

 

自分で頭の包丁を抜いてしまう

頭に包丁が刺さった状態で緊急治療室に運び込まれる雪村の母。

包丁は奇跡的に脳のスキマに刺さっていたので無事でしたが、処置をしないと危険な状態でした。

 

しかしアルコール依存症である雪村の母は、酔っ払った状態のためテンションが異様に高く、話が通じません。

なんと自分で包丁を勢いよく引き抜いてしまったのです。

 

一気に危険な状態へ。

藍沢の適切な処置で一命はとりとめたものの、そのまま翔陽大学附属北部病院救命救急センターに入院することになりました。

 

娘と母の関係と本音

アルコール依存症の母にずっと苦しめられてきた雪村。

症状や今後のことを担当医の藍沢が説明しようとしても、話を聞くことも拒否しようとします。

 

そんな雪村を過去に自分も家族のしがらみで苦しめられてきた藍沢は、責めることなく自分の人生を歩めばいい、と本心から話してくれます。

そんな藍沢の姿を見て家族とのあり方を考える雪村。

 

容体がだいぶ回復し、病院内にも関わらず酔っ払った雪村の母が雪村の前に現れます。

酔っ払い状態の雪村の母。

 

「これ以上飲んだら死んじゃうんだよ!!」と思いのたけを伝える雪村に雪村の母が一言。

 

「私には家族はいるけど、私を心配する人はいない」

「いるのは私を押し付けあう娘だけ・・・。」

 

親子の結末

母の本心を聞いた雪村と、娘の思いを知った母。

一気にうまくいくわけではありませんが、ラストの結末では母が自分から「アルコール依存症の専門施設」に入ると言い出します。

 

また雪村自身も、自分の人生から取り除こうとしていた「母」の存在を認め、少しずつ会いにいくと姉に約束するのでした。

 

感想と考察

辛い毎日から逃げたしたかった雪村と、娘に疎まれていることを感じる母。

お互いがお互いで、どんどん状況を悪くして行ってしまったのかなと感じました。

 

 

映画コードブルーの結末ネタバレと感想!

それでは映画コードブルーの結末のネタバレの感想です!

 

映画コードブルーのネタバレを見たくないという人は気をつけてくださいね!

感想も交えてますがガッツリ映画コードブルーの結末がネタバレしています笑

 

藤川と冴島のサプライズ結婚式!

映画コードブルーのラストシーン。

成田空港、海ほたるの大事故も落ち着いたある日、のびのびになっていた藤川と冴島の結婚式が開かれました。

 

場所はなんと「翔陽大学附属北部病院救命救急センター」の中庭!!

成田空港の事故の患者で、末期のステルス胃がんを患っていた未知へ譲った挙式会場の代わりにドクターヘリのメンバーたちが手作りでサプライズ結婚式を開いてをくれたんです。

 

会場には現メンバーやフェローの他に檜山の恋人、緒方の姿も。

シリーズをずっと追いかけてきた人には「おおっ!」となるシーンが盛りだくさんです。

 

挙式は順調に進み、2人は誓いのキスを。

式も終盤、さらなるサプライズが用意されていました。

 

「ある人から頼まれていたんだ〜」そう取り出された海の絵ハガキ。

そこには田所先生の名前が!

 

田所先生はいま島で唯一の医者で、結婚式の日程がずれてしまったため出席できずハガキでメッセージを送ってきたのでした。

田所先生役の俳優、児玉清さんはすでに亡くなられているのでこのような形の出演になったのかと思います。

 

感極まりながらメッセージを読む藤川。

なんだか児玉清さんへの想いも込められているように感じ、とても感動しました。

 

藍沢、緋山との別れ

サプライズ結婚式の二次会終了後。

朝方まで盛り上がっていた緋山、白石、藍沢の3人は、カンファレンスの準備でそのまま歩いて朝方の病院へ。

 

サプライズのせいでまさかの主役である藤川と冴島は欠席!笑していたのですが夜勤上がりの2人と出会います。

そのまま、朝日に包まれる「ドクターヘリ」を眺める5人。

 

藍沢はこの日の内にトレントへと旅たちます。

10年間の思いを語る藍沢。

 

「10年間の1日のほとんどをお前らと過ごした」

「もうお前らが家族みたいなもんだ」

 

ドクターヘリを目の前にそう微笑みます。

父親とは疎遠、母とおばあちゃんは亡くした藍沢にとって、ドクターヘリのチームは「家族」になったんですね。

 

藍沢の気持ちを受け取った4人は、ドクターヘリの前で5人の集合写真を1枚取り、それを胸にそれぞれの道を歩み出します。

 

結末それぞれの道へ

緋山は、医局長として「周産期母子医療センター」へ。

藍沢はドクターヘリで培った経験と技術を胸にトレントへ。

 

残ったメンバーたちはリーダーである白石を筆頭に、頼もしく育ったフェローたちと共にドクターヘリで奮闘を続けています。

 

田所の意思を紡ぐ白石、藤川、冴島。

ドクターヘリを離れた緋山、藍沢。

 

それぞれ違う道を歩み始めた5人ですが、離れた2人もホームは「ドクターヘリ」であることが感じられた映画コードブルーらしいラストの結末でした。

 

映画コードブルーラスト結末にかけてのシーンはそれぞれの姿と共に、主題歌である「HANABI」田所先生からのメッセージが読み上げられました。

シーズン1から追いかけてきたファンにとっては、あの未熟だったフェローたちが立派になった姿で感極まり、映画コードブルーの結末にふさわしい締めくくりだったと思います。

 

ちなみに映画コードブルーのエンドロールはみんなからの藤川、冴島の結婚式のビデオメッセージ!

感動の連続の映画コードブルー本編とは一味違う、それぞれのメンバーの特色があり、周りのお客さんからも笑いが溢れていました。

 

ぜひ映画コードブルー本編を見るときは、結末をみて終わりではなくエンドロールまで見ることをオススメします♪

 

 

映画コードブルーの感想

映画コードブルー、映画らしく勢いがあり、演出も派手でとても面白かったです!

感動的なシーンや過去のコードブルーのエピソードに出てきた面々も出てきて、本当にコードブルーのファイナル!という感じでした。

 

状況的にシーズン4は・・・どうだろう?

フェローの面々が頼もしく育ってきていたので、あるとしたらその代が主役かもしれませんね。

 

映画本体としては、面白かったのですがエピソードがぎゅうぎゅうだなと感じました。

コードブルーらしい感動できな医療や人との関わりも描かれていたのですが、1つ1つのエピソードが深そうなのに早足でかけていく感じです。

 

たまにえっ、ここは結局どーなったの??というシーンが・・・。

映画コードブルーでインメンバーやフェロー成長ももう少し濃く見たかったかな〜とも思いました。

 

とはいえやはりコードブルーは評判高いだけあるな!と思ったのも確か!

実際なんどもボロボロ泣いてしまい、周りの観客も涙している人が多かったのが印象に残っています。

 

コードブルーシリーズをずっと追いかけているファンも、ドラマコードブルーを見ていなかった人も楽しめる内容になっていると思いますので、ぜひ観てみてください♪

 

私まできれば上映期間中にドラマコードブルーシリーズを見直してから、もう一度みたいなと思っています笑

 

 

ドラマコードブルーの無料視聴方法!

コードブルーの集大成とも言える、映画コードブルー。

みているとドラマを見返したくなってしまいますね!

 

「ドラマを見返したいけどレンタルは面倒・・・。」

「再放送を見逃した!」

「時間がないし、好きなタイミングでみたい・・・・」

 

そんなあなたに朗報です!

コードブルードラマ全編が期間限定で無料視聴できますよ!

 

 

⚠︎コードブルーファンに緊急告知⚠︎

 

ただいま「FODプレミアム」で映画コードブルー公開特別キャンペーン中!

ドラマコードブルー全シーズン+特別スピンオフ「もう一つの日常」が無料配信されています!

 

無料配信は8月31日までの期間限定なのでお見逃しなく!

 

↓詳しくはFODプレミアム公式サイトでチェック!↓

FODプレミアム公式サイト

 

 

映画コードブルーの結末ネタバレと感想!あらすじと見どころまとめ

映画コードブルーの結末ネタバレと感想でした♪

映画コードブルー、ほんと面白かったのでぜひ映画館で見て見てください!

 

今から映画コードブルーがブルーレイになるのが楽しみです♪